渡部昇一『平成の修身』#26(加藤清正・豊臣秀吉)
スカパー!547ch
スカパー次回放送
02/04(土)
06:15

渡部昇一『平成の修身』#26(加藤清正・豊臣秀吉)

番組説明

第26回
今回は虎退治でも有名な武将、加藤清正(肥後熊本藩初代藩主)をご紹介いたします。

豊臣秀吉の親戚だったこともあり、幼い頃から秀吉に忠義を尽くした加藤清正(年の差25歳)。
朝鮮出兵では大活躍したものの、
対立する石田三成や小西行長らの官僚的な武将(文知派)たちの讒言により、
秀吉の信頼を損なってしまった時がありました。
そんな時に彼がとった行動とは?
“地震加藤”のお話をご紹介いたします。

また、渡部先生曰く、
「秀吉は晩年、特に子ども(豊臣秀頼)が出来てからというもの、
人間的にタガが外れ、落ちぶれていったのではないか」とのこと。
また、人は誰でも、年を取るとそのように、タガが外れてしまう傾向があるとのことです。
(現代では老害…とでもいいましょうか)

そうならないようにするには、
渡部先生曰く、
老いても学ぶこと、そして「修身」の重要性を説きます。
江戸時代を文化の時代とした徳川家康は、
生涯、漢学や論語を学ぶことを止めなかったそうです。

<修身教科書の朗読>
(1)誠実 加藤清正

出演:渡部昇一(上智大学名誉教授・英語学者・評論家)
聞き手:松崎仁美(主婦)

製作:2016年 時間:15分00秒

出演者

放送日時

スカパー!547ch K-OPTI.COM

  • 02/04(土) 06:15
  • 02/11(土) 06:15
  • 02/18(土) 06:15
  • 02/19(日) 09:15
「平成の修身」トップへ戻る