武田邦彦『現代のコペルニクス』#92 日本の重大問題(4)反日

番組説明

電車で「朝日ジャーナル」(雑誌)を持っていることが、カッコいいとされた時代がありました。「国が、政府、日本人がいつも悪い」という意識が刷り込まれてしまったのはいつの頃からでしょうか。現在の事実をまっすぐ見ることができない「ねじれ」はどのように発生してしまうのでしょうか。武田先生がコペルニクス的視点で、「今、語るべき我が国の重大問題」の第四の矢として「反日」を科学します。
(番組概要)
第1部:反日は何から生まれたか
(1)「…過ちは繰り返しません」主語は?
  ・原爆の碑は,日本人が作った。主語をごまかして。

(2)「世界の常識では,行動原理不明な日本」
  ・「植民地」では有能な現地人は殺される.
  ・日本だけが,「植民地」のために投資した
  ・シーシェパードにコーヒーを出す

(3)日本国内
  ・日本の首相(=我々自体)が,ありもしないのに勝手に謝罪
  ・官房長官が中国を守った(海上保安庁ビデオの件)。

第2部:反日のもう一つの理由
(1)「意味不明の国,日本」
  ・世界でただ一つの2千年間以上続く,皇統の国
  ・藩vs大英帝国 (薩摩藩,ありえない凄さ)
  ・日露戦争では,(ナポレオンにも勝ったロシア陸軍を破った)
  ・大東亜戦争前:ほとんど全世界が欧米列強の植民地
  ・白人帝国に抵抗したのは日本だけ
  「戦争しなくても日本は滅びる.それとも,戦争して負けるか」強制選択イベント

(2)他の国から見ると日本は「気持ち悪い」
  ・世界から見ると日本は「鬼」(勝てる気がしないという意味で)

(まとめ)
(1)靖国参拝をお勧めしたい。
  ・「日本人は,戦争で人類を解放しました.そのための戦死者は靖国神社に祀られています」
  ・「ぜひ,参拝にいってください」
(2)今の日本人
  ・今の日本人はちょっときちっとしていない
  ・清潔で,きちっとした服装で,礼儀正しければ,すばらしく尊敬されるはず

出演者

放送日時

スカパー!547ch K-OPTI.COM

  • 放送予定はありません
「現代のコペルニクス」トップへ戻る